クルマの売り方

【クルマを高く売る交渉術!営業マンを味方につけろ!元大手中古車業界営業マンが解説!】

スポンサーリンク

今回は、クルマを少しでも高く売る方法をお話しします。

皆さんはクルマの買取査定でこんなこと感じたことはないですか?

「全然希望金額に合わない・・・」

「ネットで見た金額より全然安い・・」

などなど、思った人も少なくはないはず。

実は、あなたが思うより難しくない方法で少しでも買取金額を上げることが出来るんです!

なぜなら、買取金額には相場はありますが、最終的には営業マンも人間なのでお客様の気持ちに応えたいからです!

「え?」っと思いますよね?

僕はこれまで大手中古車会社で営業マンをしていました!

あくまでも僕の意見ですが、多くの営業マンが同じことを思っている内容なので、一つの交渉術として見ていってください!

この記事では僕の経験から、クルマを少しでも高価買取に近づけるコツをお教えします!

この記事を読むと実際にクルマの買取交渉の際に、どういう言い回しで営業マンと話せばいいのか!

少しでも高い金額で買い取ってもらえるようなフレーズが分かります!

結論は、「この金額になるのであれば、今決めます!」の言葉が営業マンの心を動かします!

それでは、その他のアドバイスも含めてお話しさせていただきます!

ネットの一括査定金額は信憑性はない

これは本当に信用になりません!

時々、「ネットで調べたら○○万円から○○万円で売れるって見たから来た」と言われることがあります。

何故かと言うと、実際のクルマを見ていない金額だからです。

正直、客引きセリフに過ぎないですし、良くも悪くもネットの金額なので間違った情報の可能性も大いにあります。

明確な金額が知りたい時は、買取店へ来店や出張を依頼して査定してもらうのが確実な方法と言えます!

数店舗の買取金額を比べた方がいいのか

まず、1発目の査定金額に納得出来る人はあまり見ないです。

「なんでこんなに低いの?」

と思われる人は多いと思います。

ただ、どの買取店も参考にする業界オークション相場情報は変わらないので極端な金額の上がり下がりは無いと思います。

例えば、修復歴を見抜いてる買取店と、そうでない買取店ではもちろん金額は変わります!

ただ、基本的には相場情報で買取金額を判断するので、あまり変化はないと言えるでしょう。

営業マンを味方に付ければいい

商談の中で、営業マンから相場の話や、買取の流れの話などがされるなかで、あなたの中で「この営業マンなら信用しても良いかな?」と思える人であれば、その営業マンと仲良くなってください!!

これ、かなり重要です!

営業マンも人間なので、その商談で関係を深められたお客様には出来る限り全力で尽くそうとします!

「○○万円で即決しますよ!」

お客様側からその言葉を言ってもらえると、営業マンもその金額に近づける尽力します!!

結局金額を伝えるのは簡単ですけど、ゴール金額が明確に見えないと、営業マンも頑張りようがないのです。

例えば、一度は90万と提示されたとします。

「100万まで頑張っていただけるなら、即決します!」

100万がゴールする金額と買取店も知る事が出来るので、相場を見ながら細かく計算しだします!

決済責任者と相場を見て、100万で買い取ると利益が見込めなかったり、むしろ赤字になる見込みになってしまうと100万を提示するのも厳しくなることもあります。

ですが、ゴールには近い金額で提示してくれると思います!!

これは営業マンも、あなたの力になりたいので少しでも高く金額を出してあげたい一心で行動します!!

最後に

クルマを売却する際は、相場の金額と、希望金額が合う方はなかなかいません・・・

それは、買取店の意地悪でもなんでもないです!!

買取相場と、お客さんの希望する金額に差がありすぎるので、出したくても出せないのです!

また、乗り換えや売却を検討されている方に一つアドバイスをすると・・・

クルマの手放しが出来る時期を明確にした後に査定をした方が良いと思います!

手放し時期がまだまだ先なお客さんには、買取店は現時点での金額の伝え方をする可能性が高いです。

ちゃんと時期がハッキリしていると買取店もハッキリ金額を教えてくれますし、より中身のある話が出来ると思います!

すごい極端な話をすると・・・

「この日に、このクルマ渡せますよ!」

など、手放し時期が近ければ近いほど買取店も頑張りやすくなります!

お話しした内容は、僕も営業マン時代に同僚と話していた内容でもあるので、信頼してもらうと嬉しいです!

相場にも、営業マンにもしっかり向き合って、自分から買取金額を下げるようなことはしないように!

買取店の営業マンにも自分の気持ちをしっかり伝えましょう!!

-クルマの売り方

© 2022 【クルマの豆知識BLOG】 Powered by AFFINGER5