クルマの豆知識

ハイブリッド車とは!!!

スポンサードリンク

今更聞けないハイブリッド車とはなんぞや!!!

燃費が良いのは分かるけど、一体どう言う仕組みで構造されているのか?(;´д`)

ざっくり、ガソリン(レギュラー)と電気を使い分けながら走っているクルマなんですよね!(๑╹ω╹๑ )

ハイブリッド車はクルマの構造違いにより様々な種類がありますが、1997年にTOYOTAが初めて発表した「プリウス」に採用されているエンジン+電気モーターによるハイブリッドシステムが発表されました!!!
要は、「ガソリンで動くエンジン機構と、「電気で動くモーター機構の動力源を使う車両の名称で「ハイブリッド車」という名前で使用されていますね!( ´ ▽ ` )

プラグインタイプもあるのですが、そうではない通常のハイブリッド車は、ガソリン(レギュラー)を入れるだけでクルマが自らモーター発電も行うので、電気自動車の様な外部電源からの充電なども必要としていませんね!!!

ハイブリッド車と言っても燃料はあくまでもガソリン(レギュラー)なので、一般的にはガソリンだけを使って走るクルマは「ガソリン車」、エンジン機構とモーター機構を搭載したクルマは「ハイブリッド車」と呼ばれます。

 

スポンサードリンク

ハイブリッド車のメリット!!!

3dman_eu / Pixabay

 

ハイブリッド車とは、「通常のエンジン」「電気モーター」が追加搭載されており、このふたつの機構が効率よく稼働することで燃費を向上させるクルマを指しています!(≧∇≦)

例えば、ハイブリッド車の代表車種のプリウスで例えてみると、発進時の低速域では電気モーターで主に走行して、ある程度速度が出てくるとエンジンに切り替わる仕組みになっています!(^ω^)

比較的にあまり速度を出さない市街地などで走行時は、主に電気モーターを使った走りになるので、ガソリンの使用量は最小限で抑えることが可能になります!(*≧∀≦*)

 

ハイブリッド車のデメリット!!!

ハイブリッド車を買うデメリッドも、乗り方によってはもちろんあるのです!!!

まず、同一車種でもガソリンモデルとハイブリッドモデルがラインナップされていますが、ハイブリッドモデルの方が価格は高いです!( ̄(工) ̄)

例えば、ホンダの「フィット」をあげると両方のモデルでおよそ40万〜50万も価格差が生じます!!!

その他の車種でも、ほぼ同じ感じで価格差は生じます・・・

 

ハイブリッド車の選び方!!!

じゃあ、ガソリン車とハイブリッド車はどっちを選べば特をするのか気になる方もいると思いますので、僕のオススメをお話します!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

燃費が良いのはもちろんハイブリッド車なのは間違いなくて、走りにおいてもガソリンエンジンで不足はところは電気モーターで補えるハイブリッド車の方が、発進も静かでパワフルなところも兼ね備えています!♪( ´θ`)ノ

ですが、価格差が数十万ともなってくると頭が痛くもなりますよね・・・

いくら燃費が良くても、その価格差が開いてしますとガソリン車でも良いかなと思う方も多いのではないでしょうか???

とは言っても、ハイブリッド車の方が人気高まる今の時代なので、乗り換えをする際の下取り価格は高く期待出来る場合が多くなります!!!

通勤距離が長く、走行距離を乗る方などは良い燃費のハイブリッド車を購入されていた方が、月々のガソリン代などの出費を考えた時に実質的な価格差は思っている以上に少なくなっている場合も多いので、ハイブリッド車を購入検討する場合は、下取り価格を考えながら知識のある販売店スタッフに相談する方が良いと思います!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ハイブリッド車のまとめ!!!

aloiswohlfahrt / Pixabay

簡単ではありますがハイブリッド車とガソリン車の違いや、ハイブリット車に向いている方やそうでない方などのお話でした!!!

僕自身も片道40㎞の通勤距離なので、プリウスに乗っています!@(・●・)@ 燃費はかなり良いです!!!

距離を乗る方はハイブリッド車はオススメです!♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

一般的に言われているのは、大体の方は「年間10,000㎞走行」なのですが、「年間15,000㎞〜走る方はハイブリッド車向きと言われています!!!

購入する際も、新車での価格差だと開きは大きいですが、長く乗るのであればガソリン代を見るとプラスになる場合もあります!(^O^)

少しでも参考になると嬉しいです!!!

スポンサードリンク

-クルマの豆知識

© 2020 【クルマの豆知識辞典】